入試が難化


広大附属高校の入試が終了しましたが、昨年に続き難化の傾向がみられました。

英語と国語は同様のレベルを保っているようでしたが、今まで得点源だった理科と社会のレベルが上がり、社会に至っては歴史の問題が非常に少なくなりました。

数学は前から難しかったのですが、さらに難化が進みつつあります。

理科は公立入試と変わらないレベルだったのが、明らかにそのレベルではなくなってきています。

差別化を狙うためなのか、あるいは今後のセンター試験廃止に伴う何かしらの変化なのかは分かりませんが、今まで通っていた生徒が通らない試験になりつつあることに間違いはありません。

学校で1番の生徒が平気で落ちる学校なので、学校の勉強をしっかりやることも大切ですが、広大附属高校に合格したかったら、あらゆる問題に触れておき、処理速度をさらにあげて、どんな問題が出てもある程度は対応できるようにしておかないといけません。

新聞を読む暇があったら、勉強しろではなく、情報量を増やすために、これからは新聞を読め。ニュースを見ろ。と伝えていこうかなと思います。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
​芸城学院南岩国校

© 2018 by Geijo Gakuin Minami Iwakuni. Proudly created GJM.

〒740-0034

山口県岩国市南岩国町1-28-1

​Tel/FAX: 0827-32-1144

eメール: info@geijo.jp

  • Facebook Social Icon